カメラ選び 撮影の仕方

はじめてのカメラ選び ~撮影を楽しむ日々

秩父札所29番 長泉院

読了までの目安時間:約 3分

 


平成26年の秩父札所は、午歳総開帳が行われています。

 

通常はご本尊を拝観する際には、厨子の扉は閉めたままなのですが、

12年に一度、その扉が開かれます。

 

これは、巡礼者の方に親しく結縁の機会を持っていただくためだそうです。

 

牛歳に総開帳が行われるのは、馬が観音様の御眷属であるからという説や、

秩父札所の開創が文暦元年(1234年)甲馬歳であるからという説があります。

 

ですので、例年にも増して、秩父札所はたいへんにぎわっています。

先日、札所29番長泉院へ行ってきました。

(撮影日 H26.4.9)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

目的の一つは、しだれ桜だったのですが、予想通り散っていました。

こんな予想は当たらなくていいんですが・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このしだれ桜は一度花が咲かなくなったが、再び咲くようになったことから、

「よみがえりの一本桜」という異名を持っています。

 

その理由は、毎年美しく咲いていたのですが、だんだん前方の杉が大きくなってしまったため、

日陰となり花が咲かなくなったそうです。

 

その時、浦山ダムの工事がはじまり、この日陰をつくっていた杉が伐採されました。

それからは、再び美しい花を咲かすようになり、「よみがえりの一本桜」の名がついたそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

なかへ入ると、ツツジがきれいに咲いていました。

紫色がとても鮮やかです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

観音様、お地蔵様もツツジに囲まれています。

 

IMG_2758

 

IMG_2755

 

今年は自分を見つめなおすのに、いい機会とするために

歩いて秩父札所めぐりをやろうと考えています。

 

忙しい理由をつけては、なかなか行動にうつせていないので、

気候も良くなってきたので、そろそろはじめたいと思います。

 

 


 

秩父札所   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: