M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

はじめてのカメラ選び ~撮影を楽しむ日々

ムクゲ自然公園の「秩父紅」&『M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8』試し撮り

読了までの目安時間:約 4分

 


16日にムクゲ自然公園へ「秩父紅」を見に行ってきました。

「秩父紅」は福寿草の中でも秩父地方固有のものだそうです。

 

今回の目的は、「秩父紅」を見たことがなかったので、見たかったのと、

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8』の試し撮りです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ムクゲ自然公園はこの10mくらい先を左に曲がるのですが、矢印が逆になってますね。

 

ムクゲ自然公園のホームページはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mukuge.com/

 

入園時間は、午前9時30分~午後4時30分です。

月曜日がお休みのようですが、秩父紅の開花時期は無休のようです。

 

入園料は、草花管理運営協力費として、500円になります。

私は、10時ごろに着いたのですが、まだほとんど人はいませんでした。

 

受付の方によると、陽が当たってこないと花が開かないのだそうです。

また、夕方になって陽が当たらなくなると、花が閉じてしまいます。

ですので、あまり遅い時間に行っても楽しめないかもしれませんね。

 

私が到着したころに、ちょうど花が開きはじめたようです。

オレンジ色がとってもかわいいですね。

 

このオレンジ色が「秩父紅」特有の色なのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この2枚は、解放F1.8で撮影しています。

なかなかきれいにボケています。

 

せっかく来たので、園内を散策。

山を登っていくと、美術館がありました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山の草花の絵が、たくさん展示されています。

雰囲気もとても良く、ゆっくりと鑑賞することができます。

 

さらに登っていくと、水飲み場があります。

自然の豊かさを感じる水飲み場です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その先に、稲穂山古墳があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

蝋梅も咲いていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「この先行き止まり」とあったので、再び山を下りて「秩父紅」を見に行くと

ほとんどの株が花を開かせていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらは原生種です。

原生種は、黄色がとっても鮮やかできれいです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここまでの写真は、『E-PL6』&『M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8』で撮影したものです。

お散歩カメラとして、どの程度楽しめるか試してみました。

 

このシステムでこの写りはとても満足しています。

私の用途では、お散歩カメラではなくて、メインのカメラでも十分かと思います。

 

持ち運びも楽ですし、首に下げていても重さをほとんど感じないほどです。

 

しかし、花の撮影では、近接撮影を楽しみたいです。

このレンズも25cmまで寄れますが、マクロレンズとはその性能が違います。

 

今回は、EOS60D&EF100Lマクロも持ち出していたので、そちらは次回の記事に書きたいと思います。

 

 

E-PL6 レンズ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: