カメラ選び 撮影の仕方

はじめてのカメラ選び ~撮影を楽しむ日々

白膠木(ヌルデ)の実を食べるジョウビタキ&メジロ

読了までの目安時間:約 3分

 


ヌルデはウルシ科の仲間です。

 

その名の由来は、ウルシ同様、幹を傷つけて白い汁を採り

塗料として使っていたことからきているようです。

 

また、かぶれる人もいるようです。

そんは、ヌルデの実は野鳥たちの大好物のようです。

 

しばらく待っていると、ジョウビタキがやって来ました。

 

IMG_6043

 

別の木に移動。

次なる獲物を探しているようです。

 

IMG_6120

 

そして、再び食べ始めました。

 

IMG_6154

 

満たされたのか、飛んでいってしまいました。

 

IMG_6165

 

 

メジロ登場!!

さらに、しばらくすると今度はメジロがやってきました。

 

IMG_6072

 

メジロも大好物なようです。

さっそく、食べ始めました。

 

IMG_6076

 

IMG_6101

 

何個か食べて、林の中に飛び去っていきました。

その後は、姿を見ることができませんでした。

 

ツグミ登場!!

ヌルデに鳥が来なくなったので、あきらめて帰ろうと歩いていると、

枯葉をガサガサと何かをやっている音が・・・

 

ふと見ると、ツグミがいました!!

 

IMG_6380

 

枯葉に隠れている虫でも探していたのでしょうか?

すぐそばに、ガビチョウも出てきました。

 

IMG_6363

 

枯葉をガサガサやっているところでは、

ガビチョウに出会える確率は高そうですね。

 

野鳥の撮影をしていると、野鳥の生態などもわかってきて

楽しくなりますね。

 

なんて、まだまだ全然わかっていませんけどね。

知ったかぶりも、まだできません。

 

これから、いろいろ勉強していきたいと思います。

 

 

 

 

EOS60D 野鳥   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: